LCCの安さの理由

LCCというのは、英語で「Low Cost Carrier」の略称でそのように呼ばれる余殃になった格安航空会社のことを言います。これまでの大手航空会社では、当然のようにおこなわれてきたサービスを有料化したり、簡素化したり、運航機材の統一をするなどして、徹底的にコスト削減をすることによって、低価格での運賃が実現されました。

しかし、どの航空会社がLCCなのかについて、明確な定義はないため、実際には、それぞれの航空会社によって、サービス内容も異なりますし、販売戦略などにおいても多様化しているのが現状のようです。一般的にLCCと呼ばれる航空会社に共通している主な特徴としては、機内サービスを簡素化して、旅客が必要とする機内食などを有料で提供したり、運航機材を統一化して、運航や整備にかかるコストを削減したり、機内にある座席の数を最大化したりしています。

ただ、これは、基本的にエコノミークラスのみにおこなわれていて、エコノミークラスの座席では、シートピッチを圧縮することにより座席の数を最大限に増やしているのです。他にも、セカンダリー空港を利用するということも実施しています。セカンダリー空港とは、地域の第二空港や、LCCターミナルのことなのですが、そういったところを利用してコストを削減しているのです。また、直接電話などで予約を受け付けるのではなく、自社のウエブサイトから予約を受け付けるのをメインとして、人件費の削減や、販売費の削減も行っています。

※注目サイト※
スカイマーク航空の料金と他のLCCの料金が簡単に比較出来て予約まで出来るサイトです・・・スカイマーク 料金

Copyright © 2014 世界のLCC事情 All Rights Reserved.